無料ブログはココログ

« May 2017 | Main

June 17, 2017

Bougou Natsuko 6/17

ぼうごうなつこ、ナイス❣️
http://www.bougo.com/

数年に2週間程、「お願いします!お願いします!(あんたの金で私腹を肥えさせて)」と
大声を出し、当選した暁には、自らが生きやすい世の中作りに熱心で、公僕という言葉を
自身の辞書では死語に追いやり、取り巻きに「先生」と呼ばせとる集団がおる。
原発再稼動にも熱心で、大事故を起こしたにも関わらず、責任は国民に押し付け、
アンダーコントロールなんて放言を放つ。
たまに人の金で被災地に赴いて、直ちには影響の無い地域産品を「美味い、美味い」と囃し立て
「風評はいけませんなあ」などと嘯く。
更には、自主避難者に対し「自主避難は本人の判断。裁判でも何でもやればいいじゃない」などと
言う始末。
国民の未来への不安に気がついてない。寄り添う気はさらさらないけんね。

自民党総裁の任期延長、立法府の衰退を目の当たりにし、独裁国家誕生か?と心配しております。
三権分立、まともな国家を取り戻せんのかなあ・・。

いよいよ脱出か?

June 08, 2017

The day before departure 6/7

いよいよ出国前夜。
6度目の天竺、週休1日で2ヶ月踏ん張りました。
明日の午前中で切りにします。
人生には色んな終りがあるけど、大きく二種類に
ソート出来ますな。
ハッピーなワクワク感を感じる終り
例えば、学生で言えば一学期の最終日みたいな。
ワシなんかは長期連休前には常やな。
ていうか、1日1日、仕事が終わる度に感じとるな。
抑圧からの解放という表現が当てはまるか?
今、そこそこハッピー感があるから、やっぱ当地
での暮らしは苦行なんやろな。
逆に焦りを覚えたり、諦めたり、永遠を願ったり、冷や汗ドバッの
ストレスフルな交感神経が優位になる終りがあるわな。
こんな終りは願い下げやけど、連休最終日、人との別れ、毎回欠かさず見てた
ドラマの最終回、盛り上がった超常現象スペシャル?とか。

人生の終りは、どっちの感情を覚えるんやろか?
半世紀も生きて来たのに未だ天命も知らんワシに
分かるはずもないか・・。

« May 2017 | Main