無料ブログはココログ

« Okonomi-yaki 1/19 | Main | response 1/24 »

January 20, 2011

The low rate of employment 1/20

ワシ、思うんです。

何で新卒の就職率が上がらんのかと!

いくら不景気やいうても、総人口に占める今年の新成人は1%以下ですよ。

職業選択の自由は認めるけど、親の脛かじり虫が多いんちゃいますか?

仕事、選好みしとるんちゃいますか?

他方では、少なからず年金制度、医療保険制度等、少子高齢化対策の不備の

影響もあるかとも。

この国、年寄りが働くことを止められんもんで職に空きが出んのよ。

ただ、脛っかじりのせいで止められんというより、自身が生きていくために

働かざるを得んというのが現実やろね。

この現実はGDPの低下にも直結しとると思う。

モノ造りの現場に70歳近い爺じが職にしがみついてるとしましょ。

学卒で入社し50年の余ですわ。大概巧みになったでしょ、口がね!

当然、5年、10年、年を経るにつれ技能は向上し、申し分のない品質の製品を

タイムリーにお客様に提供できるようになるわけやけど、それを維持できるのは

極数年の話で・・・。四十路を過ぎ老眼、四十肩を経験、寄る年波には勝てず、

品質、生産性は確実に低下します。

無理を重ねることで身体まで壊してしまい、医療費高騰、健保崩壊・・・。

悪循環、益々、品質、生産性は低下、結果、粗悪なくせに単価の高い、

競争力の無いMade in Japan製品と相成るわけです。

企業は収益悪化、縮小します。当然、投資も、定期の求人も控えるようになりますわな。

労働者は昇給も無く、あぶく銭も宝くじにでも当たらん限り生まれて来んから

購買意欲なぞ出てこず買い控え、そしたら企業は更に収益悪化、

これがデフレスパイラルの現代社会でありやす。

このスパイラルからの脱却には、若い労働者を増やし(安い労働力で)

生産性を上げ、高品質で競争力の高い製品を生産し世界に挑むという

ことが必要不可欠でしょう。

そのためには、年寄りに安心して老後を過ごしてもらう環境づくり、法の整備が

これまた欠かせんでしょう。

消費税Up、TPP、ええやないですか。

ワシが60歳を迎えるまでに、明るい未来作りを!

政治家の皆さん方、頼んまっせ!!

いやー、記念すべき1,500記事目は堅く行かせてもろうたぜよ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

« Okonomi-yaki 1/19 | Main | response 1/24 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The low rate of employment 1/20:

« Okonomi-yaki 1/19 | Main | response 1/24 »