無料ブログはココログ

« athletic meet 2010_2 9/20 | Main | five consecutive holidays 9/22 »

September 20, 2010

The climax of the pennant race  9/20

今シーズンも佳境ですな。

久し振りに生中継で阪神vs巨人を観戦しました。

圧倒的な投手力を誇示し竜が優位に立っている中、虎にとって、明日からの3連戦を前に

絶対に落とせない一戦というスタンスのこの試合を任された先発投手が、高卒ルーキー

秋山やっちゅうんやから・・。

案の定負けとるし、正直、過度の期待をせず観戦を始めた。

思えば今シーズン、この時期に、この位置に居られるとは思ってもおらんかったしな。

〝野球は投手〟が持論のワシは、GWに能見が離脱したところでBクラスを覚悟した訳よ。

ところが、マートンの規格外の貢献、ブラ砲の日本野球への順応、城島の長打力

金やんのフルイニング試合出場ストップでの若手の台頭等、弱投を補って余り得る

猛虎打線の復活がここまでチームを牽引してきてくれた。

とはいえ、防御率が4点台のチームが2位に居るちゅうのは、それはそれで違和感を

感じずにはいられない訳よ。

NPBの投手のレベルが間違いなく落ちとる訳やんな!

各チームのエース級がMLBに流出した影響がモロに出とる。

防御率2点台で抑えとるセの投手は前健だけやもんな・・。

まあええわ、試合に戻ろう。

観戦早々、G先発のグラが新井さんの打球を右手に受けベンチに下がるという

思いもよらぬ事態。

(新井は腰痛が癒え、重心を下げた構えが様になっとるのう。来季が楽しみじゃ!)

何とか出てきたグラやけどマトモな訳がないやんな~思っとったら、見てみ~!!

林君が捕まえてくれた。逆転じゃ!!

こうなると秋山を応援せにゃのう。

G重量打線を相手に臆することなくというのか、明らかに余力を残した140km/h前後の

回転の良い真っ直ぐとフォークのコンビネーションで抑え込んで行くやないの!

地の利を生かしたというか甲子園に救われたというシーンもあったけどね。

しかし、この男、大物になること間違いなしですな!200勝、日本代表を意識して

精進して欲しい思います。

さあ1点差のまま7回、久保田の登板です。

ここ2、3試合の結果が良かったのは知っとったけど、「久保田やしなあ」という不安は

尽きない中、最初の打者古城を三球三振!「エッ!?投げ方変えとるし!」

足を上げ軽いトルネードが久保田の投球フォームやったのに、簡単に言うと

〝キャッチボール投法〟になっとるやん。

間違いなく踏み出す左足の歩幅を狭くしとる。効果として左足に体重が良く乗っかる

んやろ!MAX156km/hを計測。球児の真っ直ぐより勢いがあるんちゃうか?

こりゃ驚きやわい!ようシーズン中にフォームいじったのう。

という辺りで中継終了。net観戦となる。

8回裏、城のホームランで勝利確信。最終回を球児が締め、竜への挑戦権を残し

明日からの名古屋決戦を迎えることが出来た。

選手諸君ありがとう!さあ、天王山!スタンリッジ、久保、中4日で能見。

夢を見てもいいですか?

« athletic meet 2010_2 9/20 | Main | five consecutive holidays 9/22 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The climax of the pennant race  9/20:

« athletic meet 2010_2 9/20 | Main | five consecutive holidays 9/22 »