無料ブログはココログ

« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

cotton candy 5/31

2010卓球世界一は

女子:中国人帰化選手を揃えたシンガポールが劇的なシーンを演出

センセーションを巻き起こし優勝

男子:やっぱり中国が優勝

結果、卓球=中国かと

Img_3740

May 29, 2010

fine hour marathon 5/29

ITTF公式サイトに激闘の様子が伝えられています。

平野が4ゲーム目をまたまたフルゲームの末、落としたのは至極残念ではあったけど

チームとして3つ勝てば良いんやもんね!

愛ちゃんありがとう!

日本女子チーム、5時間越えの死闘を制し銅メダル以上確定です。

Fukuhara_28_05_10_large

Photo By: Rémy Gros

confirm more than copper medal 5/28

卓球日本男子、銅メダル以上確定です。

おめでとう!

卓球日本女子、対韓国戦

1試合目からフルゲームマッチの連続。

2試合目、愛ちゃんがゲームを落とした瞬間には敗戦を先読みしてしまいました。(ゴメン)

3試合目、佳純ちゃんには申し訳ないが、2ゲーム続けて落としやっぱり韓国とは

根性が違うんかのう?と意気消沈してました。

ですが天才はやはり天才でした。

土壇場からの3ゲーム連取!進化の瞬間を目撃した気分です。

さあ平野やったれ!益々集中してTVを観とったんやけど

2ゲーム目途中でまさかの放映時間切れ・・。

おーい、12チャンネル(`ε´)

【続く】

May 27, 2010

net print 5/27

大したことやないけど、ネットプリントの依頼先を変えてみました。

旧)30円/枚 ⇒ 新)10円/枚(+送料100円)

どんな仕上がりになるんかと思ってましたが、見た目変わらんし!

経費削減となりました。

200枚/年位しかプリントせんのやけどね・・。

Img_3861

vaccination 5/27

破傷風とA型肝炎の予防接種を打ってきました。

そう、天竺への旅が1ヵ月後に迫ってきとるんです。

あーあー、胃が悪くなってきた・・・。

before after 5/27

「夏も近づく八十八夜 ~中略~ 摘めよ、摘め摘め、摘まねばならぬ!

摘まにゃ日本の茶にならぬ!」とか、子供の頃歌ったんで、茶摘って

八十八夜に一気にやるのかと思ってましたが、そうでもないようです。

5月も下旬ですが、今日も晴天の下、茶農家さん茶摘に精を出されておりました。

茶摘といっても機械でしたが・・・。

Img_3859

目に美しい若葉が、摘まれてしまうと

Img_3860

なんともゲンナリですな・・。

光合成に著しく影響が出そうです。

なんか酸素薄くなった気しません?

May 26, 2010

2010 world team table tennis championships 5/26

昨日の激闘を勝ち抜いた勢いが今日の完勝に繋がったんやろね。

これでグループD一抜けは確定的となりました。

明日も頑張れ!愛ちゃん!平野!佳純!その他大勢!(失礼)

All Results are brought to you by ITTF

May 25, 2010

friend 5/25

仲良きことは美しき哉

Friend

仲が良いといえば、世界卓球モスクワ大会の女子日本代表の面々。

チームワークが良いですなあ!

蹴球日本代表とは雲泥の差かと!

昨晩もくだらん試合を見せられ、試合終了と同時にチャンネルを回したら、

佳純ちゃんがロシア人相手に素晴らしいゲームを展開していて思わず見とれました。

今日の台湾戦も初戦を愛ちゃんが落とし重苦しい展開の中、平野が粘って粘って

日本に勝利をもたらしてくれました。最高です!!

明日も応援しよ!「サァーッ!」てか。

May 23, 2010

impressive flowers 5/23

Img_3678

Img_3691

どちらにも共通して言えるのは「ビビッドな色」

花壇の主役です。

dumplings chips 5/23

昨日、出先で「餃子チップス」なるものを買いました。

にんにくの風味が効いてなかなか美味いなあと思ってましたが

おっさんの胃は油に耐性がなくなってきてるようで

本日、見事に胸が焼けとります。

Img_3731

solitude solitaire 5/23

Img_3714

うらんちゃん。

ゆめチンと同い年の5歳である。

昨年、母親を亡くし、甘えたくとも甘える相手がいない可哀想な境遇におかれている。

ちょっと垂れ目の愛くるしい目元が、寂しさを訴えてくるようでもあり

連れて帰って世話をしたくなるような、放っておけない雰囲気のある子です。

ああ心配じゃ・・。

smile of hippo 5/23

大吉の笑顔

Img_3704_2

aura of emu 5/23

Img_3729

エミューとにらめっこしました。

全身から放たれる気に、ワシはTKO負けです。

May 22, 2010

excursion 5/21

ゆめチンと親子遠足です。

幼稚園児、職員総出で大型バス20余台を貸し切り「のんほいパーク」へ!

Img_3667

天気は最高!(暑い・・)

動物最高!

しかし、今日は他の園の幼稚園児も多かったなあ。

皆、動物、家族と触れ合い、最高の思い出が出来たかな?

Img_3724

May 20, 2010

When is the outbreak of war? 5/20

南の哨戒艦沈没事件。

北の魚雷の爆発(攻撃じゃないの?)が原因だとの調査結果が発表された。

100人以上46人が亡くなった(行方不明含)事件。

他国の攻撃が原因だということならば、間違いなく報復じゃあねえの?と

思うんだけど、好調な経済に水を差されるのを嫌っているのか?

対米、対中、対露、(我が国は?)を思ってか?

同民族やからなのか?

青瓦台は踏み出しませんなあ?(北は計算ずくか?)

栗金団国務長官が来日しましたが、開戦日の相談ではないんかのう?

「普天間から出撃するんでよろしく!」とか言われとらんかいなあ?

「はっ!あの~、言っておきますが、ワシは平和主義者です。」

「戦争反対!!」

May 17, 2010

verdure 5/17

新緑が目に優しいっす!

Img_3615

しかし、紫外線が強いんでグラサンは欠かせんですな。

Img_3628

ようやく寒気もどっかに行ったようで、言葉通りの五月晴れです。

tooth! 5/17

ゆめチンが「トゥース!」なんてやるもんでふと思ったけど、

英語圏の人間は、あの春日のギャグを見聞きするに付け

「何を歯、歯言うとんねん?」思うとるんちゃいますやろか?

Img_3654

May 16, 2010

fire! 5/16

「火事じゃ!!」

Img_3629

というのは冗談で・・。

Img_3631

訓練でした。

とはいえ、寒い時季はいい加減過ぎたけど、火防は大切!火の用心である。

Img_3653

江戸の台所にも火防のお札あり!

Shijimiduka-ruins 5/16

風が冷たく何となくおかしい5月です。

今日は「蜆塚遺跡」へ!

Img_3655

名前の通り、遺跡は貝殻だらけです。

Img_3636

貝塚の周辺には、当然住居がありまして・・。

竪穴式住居も復元されております。

Img_3641

中はこんな感じ。狭いし、暗ぼったいし、どんな生活を送ってたのやら?

Img_3643

何はともあれ「はい、チーズ!」

May 15, 2010

daughters 5/15

Img_3619

Img_3620

Tenpakuiwakura-ruins 5/15

古代人が祭祀を行っていた場所だそうです。

Img_3609

Img_3611

「民よ集え!」

天白磐座遺跡

May 11, 2010

7 small doll made of paper hung inside hoping for bad weather 5/11

この2日、天気が冴えませんな。

一因に、中学にもなってせっせと『降れ降れ坊主』を吊る

我が娘の強い意志が影響していることは否めませんな!

Img_3600

「信じるか信じないかはあなた次第!」

梅雨間近です。

May 09, 2010

mother's day 5/9

母さんいつもありがとう!

Img_3599

May 08, 2010

headstand 5/8

GW中にマスターし、今やマイブーム。

Img_3596

Img_3598

甥っ子もマスター!

May 05, 2010

Battle of Nagashino banner Festival 5/5

耳を劈かんばかりの轟音を聞きに訪れました。

Img_3582

『長篠合戦のぼりまつり』

Img_3521

Img_3528

こんな山の中で、歴史に残る戦があったんやねえ。

山も、人も、動物も、銃の音など聞いたことも無かったんやろうな。

Img_3569

Img_3578

野の花は 戦乱の世も 静観せり by yanotti

May 04, 2010

carriage 5/4

マリア・テレジアが乗っていた馬車か?

はたまたクララ・ゼーゼマンか?

Dsc03818

Dsc03819

Dsc03824

洪国では車全般を「コチ(kocs)」と言います。

The foreign GW 5/4

ヨーロッパも、すっかり初夏の装いです。

Dsc03814

Dsc03843

「Greenだよ!」とか言いながらビールが飲みたいですな。

May 03, 2010

narcissus 5/3

信州でようけ水仙を見かけました。

ワシの田舎にも山に行けば自生してましたが(市の花やし)

こんな八重咲の水仙は見たことなかったのう。

Img_3514

wave water 5/3

昨日の再訪の目的の一つに水汲みがありました。

Img_3459

とても冷たい雪解け水です。

Img_3515_2

味わいは硬い感じですね。

ゼロ磁場の波動を受けた水。

身体にどんな作用をするのかは皆目見当つきませんが

悪さをすることは無いかと!(ミミズの小便対策のため、一応、煮沸しました)

May 02, 2010

revisit zero magnetic field 5/2

2日振りの再訪です。(考えられんのう)

日曜日、GWということもあるでしょう。

2日前の30倍位の人出ではないかと?

Img_3492

酷い路駐をする輩も多数。

Img_3490

こんな奴らに上海万博の中国人のマナーについて

間違っても語って欲しくはないですな!

May 01, 2010

extra photo 5/1

Img_3449

分杭峠からの眺望

Img_3465

分杭峠、圏外でした。(ちなみにNTT Docomo)

Img_3479

今日5/1(土)七年に一度の 上村 程野正八幡宮「御柱大祭」です。

準備されているところに分け入り撮影。

Img_3481

信州らしい?

県境周辺は「田楽」が盛んなようです。

zero magnetic field 5/1

今回の目的地「分杭峠」である。

子供等が学校に行っているうちに出掛けなければいけない理由は

分杭峠周辺の渋滞を避けるためだったのだ。

Img_3444

Img_3441

シャトルバスといわれても銭が無いので・・。

ワシは北川露頭の近くの空き地に車を停め、歩いて峠を上りやした。

眼下に、シャトルバスを降りた皆さんが山の斜面に腰掛けているのを見ながら

ワシは「本当の気場」と紹介されている場所を目指しました。

Img_3453

落石が酷く、通行止めになっている未舗装道路を進むと、

幾筋もの湧き水が山裾に向かって流れています。

Img_3463

その周辺に強烈に空気が違う場所があることに気付きます。

これが「気」なのでしょうか?

ちょっとそこらの林に森林浴に出掛けてマイナスイオンを感じる!とか

言ってましたが、それとはまるで別物です。(驚きです)

Img_3454

ネットで紹介されている場所に着きました。7~8人の衆が気を浴び、

水を汲みしています。皆、力が抜け、癒されてる様子。

Img_3457

ワシも45分ほど滞在し丹田に気を充満させました。

こんなに深呼吸をしたくなる場所、初めてやなあ・・。

今度はいつ行こ?

the most beautiful villages in japan 5/1

「日本で最も美しい村」です。

Img_3420

Img_3421

Img_3428

Img_3469

Img_3471

Img_3474

Img_3476   

納得してもらえました?

次回、最終目的地「分杭峠」

central tectonic line 5/1

七不思議とか見所の多い「大鹿村」ですが

まずは中央構造線でも案内しましょう。

Img_3419

地蔵峠を下ってくると看板があります。

Img_3413

赤土のほうが日本海側、黒い岩石のほうが太平洋側という案内がありました。

Img_3418

青木川(右下端に安康露頭)

もうひとつ露頭を紹介。北川露頭、村の北端にあります。

Img_3431

4/26(月)に日テレの「不可思議探偵団」で小森 純ちゃんが案内してましたね。

Img_3436

次は大鹿村の景色でも!

cross over a pass_2 5/1

お次は「地蔵峠

名前の通りお地蔵さんが居られます。

Img_3478

Img_3477_2

車を停め挨拶に伺いました。

初対面なのに、このお地蔵さん満面の笑みを浮かべておられます。

何だかこちらも笑顔になりました。

色白やけど生気に満ちて・・。ちょっと可愛いし・・。女性なのでしょうか?

道中の安全を祈願し失礼しました。

さあ、the most beautiful villages in japan 「大鹿村」です。

« April 2010 | Main | June 2010 »